• HOME
  • 規約/原則

規約/原則

一般社団法人日本電子タバコ協会JET基本方針

一般社団法人日本電子タバコ協会(以下JETと略)の設立にあたりまして、設立の目的、今後の方針等下記に記載されておりますのでお確かめ下さいますようお願い申し上げます。

基本方針(目的)

  1. 業界全体の指針、方向性の提示
  2. 行政に対する対応の受け皿になること。
  3. 行政に対する電子タバコ業界全体の代弁となる組織であること。
  4. 協会内で定めた規約遵守の徹底を継続していく策を講じること。
  5. 取り扱う製品の使用方法、危険性等の理解を業界全体に徹底すること。
  6. 電子タバコの知識に関する検定試験の開催。
  7. 電子タバコを安全に取り扱うための取り扱い説明報告会の開催。
  8. 行政に対する講座会を定期的に行うこと。
  9. 税関に対する講座会を定期的に行うこと。
  10. 電子タバコを広く世の中に知ってもらう為の広告物、ポスター等の配布。
  11. 国内、または国外にて各種イベントを開催し電子タバコ業界全体の広報活動を行うこと。
  12. クリーンな電子タバコ業界のPRの為のCMを作成すること。
  13. 電子タバコ全般の手引書「(仮)電子タバコ入門」の出版を協会監修で行うこと。
  14. 電子タバコの喫煙場所を明確化させるための、「電子タバコ喫煙所」の設置。

事業内容

  1. 「(仮)電子タバコ入門」の出版、各書店、電子タバコ販売店への卸販売。
  2. 「電子タバコ能力検定」の開催。検定料を運営費としていく。
  3. 「VAPEイベント」の開催。チケット代等を運営費としていく。
  4. 年間または、月々の協会費を運営費としていく。
  5. 「電子タバコ専用喫煙所」の設置認可の手続き等、電子タバコ専用喫煙所設置のための働きかけ。
  6. 行政や税関等への申請や対応についての講習会の定期的な開催。協会員は無料、協会員でない店舗は有料とする。

綱領7原則

  1. 業界のルールを作る事によって、エンドユーザーに対する安心と理解を求める広報活動
  2. 行政に対する電子タバコ(VAPE)の安全性,理解を追求しその結論を出せる活動
  3. 研究結果に基づく安全性の立証の活動
  4. 業界内の情報共有徹底の活動
  5. 販売店、取扱店に対する知識習得の支援活動
  6. 社会に対する奉仕活動
  7. 電子タバコ(VAPE)100年の計の活動

一般社団法人日本電子タバコ協会JET本部規約

日本電子タバコ協会(以下JETとする)に加盟するにあたりまして、協会加盟店として守っていただかなければならない規約につきまして下記をご参照下さい。

1製品不良における販売自粛、注意喚起

JET加盟店は日本国内で発生した電子タバコの事故に対して事実確認を行い、製品に根本的な不良、欠陥があると判断した場合に各加盟店に対して販売の自粛を要請する。

2販売製品に対する保証

JET加盟店は、販売した電子タバコ、関連商品(バッテリー等)が初期不良もしくは破損等に関して、一週間以内であれば使用後でも返品交換を受け付けなければならない。

※正しい使用方法意外での破損、および故障に対しては対象外とする

3ニコチンリキッドの販売、譲渡の禁止

薬事法にて禁止されているニコチン成分を含むリキッド、ニコチンベースの販売及び譲渡は固く禁止することとする。

4メカニカルMOD をご利用のお客様に対する低抵抗値セッティングの提供または推奨の禁止

(18350=1.0Ω 以上/18500=0.5Ω 以上/18650=0.4Ω 以上)

※ただし、バッテリーのアンペア数によって異なるので、あくまでも目安です。
JET 加盟店はRDA・RTAをご使用のお客様にセッティングを依頼された場合に0.3、0.2、0.1Ω など危険性の高くなる低抵抗セッティングを推奨し、又は助長するようなことをしてはならない。

5未成年者(20歳未満)に対する電子タバコ本体、リキッド及び関連商品の販売禁止

JETでは日本国内の電子タバコ文化を健全なものにしていくための取り組みとして未成年者への電子タバコ販売を自主規制していくこととします。

6協会の依頼による日本食品分析センター発行のリキッド成分分析書、およびそのデータを協会に加盟していない店舗、企業に対して、譲渡、付与してはならない。

JET 全体で定めたルール遵守の徹底

上記加盟規約確認後、御意見、ご相談等ございましたら協会理事までお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。
ご相談をお受けいたしました理事により定期理事会の議題に上げ、協議させていただきます。

※決定事項に関して違反行為があった場合、協会の除名、認定資格の取り消しとする

※加盟内容に関しては随時変更、または更新するものとする

リキッドメーカーの協会加盟規約

  1. 日本食品分析センターによる成分分析検査を受けニコチン、ホルムアルデヒト、アセトアルデヒト、ジエチレングリコール等の人体に有害とされている成分が検出されなかったとされる検査報告書の提出が必須となる。
  2. ニコチンリキッドの国内での製造、販売を固く禁止することとする。

協会認定リキッドに関する条件

安心安全な電子タバコ文化を日本国内において構築することを目的とするJETが「JET認定リキッドメーカー」としてユーザーの皆様にお勧めするための条件として、以下の条件をクリアしなければならないものとする。

  1. 協会に加盟していることとする。
  2. 衛生管理の徹底を義務付けることとする。
  3. 理事全員の承認を得て正式に「JET認定リキッドメーカー」として認定されることとする。

以上

※上記事項に対し違反行為があった場合、協会の除名、認定資格の取り消しとする。

※加盟内容に関しては随時変更、または更新するものとする。

※認定と同時に協会認定ステッカーをお渡し致します。

協会加盟希望者様は下記リンクよりフォーマットをダウンロードし、ご郵送ください。

加盟申請用フォーマットダウンロード